■世界|中国通販サイトがコピー商品を容認か、アリババ会長「中国のコピー商品は本物並み」と擁護する

スポンサーリンク

top_m

いやはや、さすが中国というべきか

 アリババといえば、先ごろソフトバンクが保有株式の一部を売却した。その金額が、なんと約100億ドル(約1兆円)だそうである。

 株式の価値が高いのは、中国13億人のマーケットを背景にした通販サイトであり、市場の期待の大きさも半端では無いことを証明している。

 しかし、その実態は相変わらずの中国そのものであるようだ。いかに、市場価値が高くても、それが実態を伴ったものとはいえないようだ。

 噂では、アリババでは当たり前の様にコピー商品が売られているとか。中国の常識と世界の常識が乖離しているのを、いまさらの様に垣間見る思いである。

中国でのブランド価値は、それをコピーすることを意味する

「中国で作られるコピー商品は本物に負けない品質だ。しかも本物より安い」

 これが何を意味しているかといえば、それは中国ではオリジナルのブランド価値とは、要するにコピーするに値することと同義と言っていいだろう。

 オリジナルの創造的な価値や、歴史・伝統性などが有する価値は、中国ではまったく通じないようだ。知的財産権など有って無きが如し、それを望むのは空を掴むようなものであるに違いない。

 13億人のマーケットを前にして、揃って中国に製造委託した欧米の各ブランドは、製品をコピーしてくださいと承認したようなもんだ。中国にしてみれば、いまさら何を言うかと思っているはずだ。

 欧米勢は、中国でも欧米の常識が通じると思ったに違いない。しかし、中国の常識ではコピーされるのは仕方が無いというものであり、ブランド=コピーすることで製造のノウハウを蓄積することに役立っていると思われる。

 中国政府は、一応は形の上でコピー製品の撲滅をしようとアピールしているが、アリババ会長の発言からも伺える様に、その実態はあまり積極的とはいえないようだ。「コピー商品のどこが悪い!」、それが真意とみられるがいかに。

アリババ会長「中国のコピー商品は本物並み」発言が波紋
「中国で作られるコピー商品は本物に負けない品質だ。しかも本物より安い」──これは中国の電子商取引(EC)最大手のアリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長の発言だが、これに対して、欧米のメディアやブランド業界から怒りのメッセージが多数寄せられている。

 ただでさえ、アリババはネット通販でコピー商品を売りまくっているとの批判が後を絶たないところに、創業者でカリスマ的な経営者である馬氏がその批判を認めるような発言をしてしまったからだ。

 しかし、中国のコピー商品は実に進化しているようだ。それは、欧米や日本などから導入した技術革新のおかげかもしれない。せっせと安い工賃で請け負っていたが、その実ノウハウをしっかりと身につけたと思われる。

 かつては衣料品やおもちゃなどが中心だったが、最近ではいうまでもなくハイテク商品が多くなっている。iPhoneなども製造は中国であり、それを中国はうまく利用していたはずだ。利用しているはずの欧米が実は利用されていた。

 欧米は、中東でもそうであるが、これからは中国に対しても「自業自得の時代」に入るに違いないと思われる。

<自業自得/じごうじとく>
自分のおこないの結果を自分が受けること。一般には悪い報いを受けること。

中国のネット通販、“4割が偽物か粗悪品”政府が公表 コピー天国の返上へ本腰か?
 昨年、中国でネット販売されていた商品のうち、正規品、もしくは品質水準を満たしているものは58.7%に過ぎなかったことが公式の報告書で明らかにされた。4割は偽物、粗悪品だったと中国国営新華社通信は伝えた。 

 報告書によると、中国当局は昨年、ネット通販に関して7万7800件の苦情を受け付けたそうだ。これは前年の356.6%(約3.5倍)であり、驚くほどの増加だと新華社(11月3日付)は伝えている。中国商務部は、偽造品、粗悪品の製造・販売が、ネット通販における中心的問題になっている、と位置づけているとのことだ。

 ロイターは、4割以上が偽物、粗悪品という事実について、急成長中のネット産業の足かせとなっている問題の深刻さをはっきり示した、と伝えた。

偽物iPhoneから人毛まで販売する中国の「アンダーグラウンド・マーケット」とは?
 中国には偽物のスマートフォンから一般消費者向けの商品までを取り扱う「地下卸売市場(アンダーグラウンド・マーケット)」と呼ばれる大規模な市場があるそうです。

image-4_m
見た目はまるで新品、iPhone5は220ポンド(約3万8000円)ほどで購入可能。

image-3_m
メモリーカード・USBメモリや…

image-1_m
限りなく正確にコピーされたスマートフォン・タブレットなどが…

photo-1-4_m
人気のBeatsも、Beatsヘッドホンや、キャリーケースなどが…

追記:
 地下卸売市場について、参考にした情報は2014年時点のものです。ご了承ください。詳しくは上記リンク先を御覧ください。

The truth behind China’s Underground Wholesale Markets. | Young Money China
http://www.youngmoneychina.com/2014/08/the-truth-behind-chinas-underground-wholesale-markets/

こちらは本物です。IBMを買収したレノボのパソコン!
Lenovo タブレット 2in1 パソコン
Lenovo タブレット 2in1 パソコン Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載/2GB/64GB/Windows 8.1/Win10無料アップデート/高解像度10.1インチ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする