■社会|さよならパヨク なによりも自分たちの活動が優先するらしい

スポンサーリンク

51IaFqAHcFL._SX336_BO1,204,203,200_

反原発などの市民活動の裏側にあるもの

元タレント、IT事業家のチバレイが、パヨクの実態を暴露!

 元タレントであり、一時期は電脳系アイドルとしても活躍した千葉麗子氏が、反原発運動などの中心となっている集団の実態を暴露した。そして、その実態を総称して、左翼の劣化版=「パヨク」と呼称している。

 千葉氏は、かつて原発反対運動に参加して、そのときにパヨクと出会ったそうである。しかし、国会前のデモなどで共産党関係者が多くなるにつれ、疑問を感じはじめたとか。なんでも、関係者に疑問を投げかけても、運動とは異なる意見には、誰も聞く耳をもたなかったそうである。

 とにかく、「多様な意見を尊重すべきという」、リベラルの主張とはだいぶかけ離れていたと思われるがいかに。

反原発を利用し、善良な人々を反日、反政府へと煽動していくパヨク!その手口や実態がチバレイによって今明らかに!

 元アイドルで、ヨガ講師の千葉麗子さん(41)が、「左翼」の実態を暴露する本を出版した。福島県出身の千葉さんは、2011年の東日本大震災後、反原発デモに参加したが、運動を取り仕切っていた左翼グループの“排他的な体質”に嫌気がさし、2年前に決別した。

「今年から選挙権年齢が18歳に引き下げられますが、若い人には、横文字の学生グループなどにカッコ良さを感じて、デモに行かないでほしい。左翼に近づくのは本当に危険。見せかけの美しい言葉で人々をおかしな方向に誘導し、国や社会、他人の人生を破壊するのが『パヨク』です」

 千葉さんは5年前、国会前の「反原発デモ」に飛び込んだ。その運動を指揮していたのが、左翼グループだった。

 IT会社を経営し、「元祖電脳アイドル」として知名度の高かった千葉さんは当初、「故郷・福島のために」と思って活動の先頭に立った。だが、科学的根拠も示さず「福島には住めない」などと風評被害をまき散らしている実態を目の当たりにした。「むしろ、この人たちが福島県民を傷つけている」と感じるようになった。

 本書では、運動体の知られざる実態も詳細に描かれている。一部の人間が運動を先導し、誰も意見できない空気ができていたというのだ。

genpatu

 原発反対運動には、以前からうさんくさい噂が流れていた。しかし、推進する側もおなじく、うさんくさい輩が中心である。だから、どっちもうさんくさくて信用ができないのは言うまでもない。

 パヨクは、原発反対だけでなく、沖縄の基地返還、オスプレイの飛行禁止など多方面に渡って活動を繰り広げている。

 その範囲が広いので、一体その活動費はどこから調達しているか。それが不思議でならない。沖縄などでは、基地に張り付いている活動家もいると訊くが、何をして生活をしているのだろうか。

 それらの活動をする人を一般的には、左翼とかリベラルといわれる。しかし、その実態は上記にあるように「パヨク」であるらしい。リベラルとは、都合のいい言葉で重宝されているが、現在では嘘も方便で使われることが多くなっている。

 現在の日本では、リベラルは存在していない。いるのは右か左かでしかないといわれている。右はネトウヨ、左はパヨクという訳である。

 そして、その背後にいるのは、はたして何者か。それが問題であるに違いない。

 熊本地震に際して、米軍のオスプレイが物資を運ぶと被災者を押しのけて、オスプレイ反対を唱え出すという、とんでもない論点のすり替えを行うのがパヨクの常套手段のようだ。それで、賛同者が増えてるかというとそうでもないようだ。

 幸いというか、一般市民は冷静に事態を見ているといえるだろう。

 問題は、千葉氏も著書のなかで心配しているように、新しく選挙投票権を有した18歳以上の若者たちである。深く考えなければ、とてもいい響のフレーズ、音楽に合わせて繰り返されるコール、コンサートさながらの集団陶酔のような様子は、まるで新興宗教団体そのものであるかのようだ。

 思えば、オウム真理教も一部の若者たちを魅了して取り込んでいた。

 パヨクの目的が、どこにあるか。それがいま問われているに違いない。ネットには、その正体がまことしやかに晒されているが、それが本当かどうかは誰も知らない。千葉氏の暴露もどこまで通じるか、まだ藪のなかである。

 それが、一番やっかいなことである。早く誰か、真実を伝えてくれと切に願うばかりだ。しかし、それを新聞やテレビには望めないのは言うまでもない。

追記:当方は、右でもないし左でもない。それは間違いない。ただ、なんとなく不条理を感じることに疑問を呈しているだけである。

 “さよならパヨク” 千葉麗子(著)
反原発を利用し、善良な人々を
反日、反政府へと煽動していくパヨク(=劣化した左翼)!
その手口や実態がチバレイによって今明らかに!
はすみとしことの黄金タッグ対談も収録!  
さよならパヨク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする